yamadahiroko.png
筝曲家
山田 裕子 

Hiroko Yamada​

和歌山県橋本市出身。         

12歳より生田流筝曲を始める。

 現在、筝曲家 西陽子氏に師事。

 筝デュオ「和媚すけ」、邦楽グループ「ふわり」、ピアノ・筝デユオ「ふいーるころーれ」のメンバーとして演奏活動を行う。

2012年~2014年の二年間。2018年には3カ月間、独立行政法人国際協力機構JICAのシニアボランティアとしてブラジルで

日本文化・筝の指導を行う。

帰国後、「南米アマゾンからみた日本文化と筝」についての講演と演奏を、自衛隊、学校等で行う。

 2018年筝・尺八・歌による音楽グループ「わのわ」を立ち上げ、神社・寺院を中心に奉納演奏活動を開始。

 また、ペルー出身のミュージシャンと「音楽に国境はない」をテーマに各地でコンサートを開催、好評を得ている。

 2016年 第一回山田裕子・KOTOコンサート「筝の葉~ことのは~」を主催。

やまと語りべ やすき ひろこと出会い、やすきひろこの語りにおいて伝統楽器 十七弦筝と筝を使い分け、

迫力のある存在感を現している。

 2019年 第四回目となる 山田裕子・KOTOコンサートを和歌山県橋本市にて、予定している。